アストンマーティン

アストンマーティンって日本で買えるの?

アストンマーティンって日本で買えるの?ということですがもちろん買えます。
どこからなのかと言えばこれはカーセンサーネットなどで探してみるとすぐに見つかりますよ。

 

ディーラーは残念ながら東京、横浜、神戸しか正規ディーラーが今の所ありません。ちょっと前までは東京のみでした。
それだけ限られる人しか乗ってないということになりますね。

 

横浜は分かるが関西は神戸なのかと思われる向きはあるかもしれません。
どう考えても大阪市の方が人口が多いですし、ただオシャレな街ということで神戸と横浜なのかな〜?なんていう風には思いますね。
それが実際のアストンマーチンらしさと合致したイメージなのかは謎ですが。

 

とにかく正規ディーラーで買うならその3都市となります。

 

またその他にも中古車として扱っているお店もあります。これは在庫限りとなるんでしょうが他の地域でも買えなくはないということですね。

 

アストンマーティンもピンきりです。

アストンマーティンと言ってもいろいろ車種があります。
例えばラピードは現行車ですが年式が古いタイプですと1000万円切る価格で売っています。
アストンマーチンと言うと2000〜3000万円する車というイメージなので1000万円切るとお安いイメージです。

 

ラピードは全長が5メートル超える車で排気量も5リッター超えるヤバイ車種です。

 

あとは現行車で人気なのがヴァンキッシュですよね。
こちらは5メートル以下の全長ですが前者と似たり寄ったりです。
ただこちらはクーペ型でアストンマーチンらしさがより出ているので人気が高いです。

 

私も買うならヴァンキッシュで間違いないです。買えないけど。。。

 

アストンマーティンは維持費ガー

アストンマーティンは維持費ガー、掛かるのは事実です。
税金等が高いのはご愛嬌ですがそれよりもメンテンスや故障対応が大きな出費となります。
よっぽどの富豪でないと維持できない車でちょっとした故障でも100万円とか請求が来るため辛い車です。

 

たまにユーチューバーがアストンマーチン買いましたみたいな人がいますがこれは持ってられないでしょうね。
買うのは簡単(?)なんですよ。誰でもアストンマーチンを買えるポテンシャルはあると思います。
しかし維持できる人はマレです。

 

何かあったらすぐ手放すことになるのがアストンマーチンですね。。

 

アストンマーチンは知名度が低い

アストンマーチンの辛いところは知る人ぞ知る車であるという点です。
女子はアウディやBMWくらいは知っていてもアストンマーチンは知らん!という人が多いです。
確かに外車としか言いようがないアストンマーチンですがアウディなどに比べると今ひとつ知られていなく分かりやすさに欠けている面がネガでしょう。

 

クルマ好き女子にはめっぽう受けが良いでしょうがクルマ好き女子は全体の数%にも満たないのでほぼ受けないとなります。
つまり自己満足に終わる車がアストンマーチンであるということになるのでその点は注意ですね。

 

ぶっちゃけオッサンの方が興味があったりしますがオッサンにモテても何の意味もないですからね…。

 

アストンマーチンに乗っている人は変態

日本でアストンマーチンに乗っている人は完全に変態です。
超変態の人で他にも乗りやすい外車があるのによりによってアストンマーチンとかよっぽどの変態ですよね。

 

いい意味で変態なのですがもし自分の旦那さんがアストンマーチンに乗っているとしたら奥さんとしては微妙な気持ちでしょうね。
大富豪の人なら別でしょうが何でよりによってアストンマーチン???こいつアホ??とか奥さんに思われながら乗るアストンマーチンは格別でしょう。
つまり白い目で見られながら乗るのは気が引ける車なので独身の内に買うのが正解です。

 

独身貴族のみが乗れる車なんじゃないのかっていう風に思いました。
結婚後は無難にメルセデスとかにしたらいいのではないかと。

 

そもそもアストンマーチンって何?

そもそもアストンマーチンって何か?と言えばこれは映画007でジェームズ・ボンドが乗っている車ということになりますね。
私自身は007って見たことないですがMI6のスパイが乗るようなスポーツカーっていう感じでしょうか。

 

スパイって本当はこんなに目立ったら駄目なのですが映画だとド派手でイケメンが美女を侍らかせて何かと戦うようです。
マジで妄想の世界ですねw

 

本当のスパイは普通の人が多く日本には留学生とか大学教授として中国からいっぱい来てるそうですよ!最悪ですね!w

 

とにかくアストンマーチンというのはスパイ映画(小説)で有名になった車だと言えますのでマニアのカーという見方もあるでしょう。
だから知名度低いと言えます。
イギリス文化というのは日本では余り流行ってないのでそのせいでアストンマーチンも知名度低いとなります。

 

車買取 岐阜